JPIA outline


ロゴマーク:3つのJには‥‥
Judicious(ジュディシャス)賢明。Justice(ジャスティス)公正。Joyous(ジョイアス)喜びに満ちた。

そして、緑のJ(自然)青のJ(聡明)オレンジのJ(温かさ)の調和を表現しています。

JPIAフィロソフィ
・賢明で聡明な判断をすること
・公正公平な立場でいること
・喜びの笑顔(感謝の心)でいること
・自然(ありのまま)を受け入れること
・温厚な(包容力のある)人であること

【JPIA理念】
「人を知り 豊かな遊びで つながる世界」PERSON & SPORTS INNOVATION
「すべての人が相互に認め合い不当な差別のない社会を実現するために‥‥」多様性を理解した教養のある人が必要!
一、自分を含め、100%の完璧な人間はいないことを自覚する。
一、自分を含め、人には誰しも大小内在する障害(不得手)があることを知る。
一、人体のしくみ・脳のはたらき・障害の原因と配慮などの客観的事実を共通基礎とする。
一、時代(常識)の変化に気づき、新しい物事を創造し社会に価値をもたらす。
 日本パーソンスポーツ指導士が、共有して持つべき意識・価値観・考え方である「JPIAフィロソフィ」の実践を通じてその実現を目指していきます。

 WHOの定義では、人というカテゴリーにおいては障害の有無は問わないと定義されています。しかしながら、障害のある人に対する問題として「その障害となる原因や配慮、そもそも人体のしくみや脳のはたらきの知識」を知らない人が多く、そのことによる誤解や偏見があるというのも事実です。そこで、障害の事実を含めた多様性の理解と障害者差別解消法などの法律を知り、人の差異を知る教養は人間性を育み、より豊かな社会風土に育てていくと私たちは考えています。

 当法人は「人は誰しも必ず大小内在する障害(不得手)がある」ということを基本理念にしています。そのため「障害を含む人体の差異を知ることが指導者としての基礎(本質)である」と定義し「人体のしくみの基礎・障害となる原因と配慮・障害者差別解消法」などからなる試験に合格した者を ”多様性の理解者”「日本パーソンスポーツ指導士(法人認定資格)」として認定しています。試験方法は、デジタル新時代に対応した非接触型の完全オンライン試験を採用しています。また資格維持にかかる費用(申請料や更新料など)は不要なコストとみなし廃止しました。*合格者は自動登録システムにより登録されます(登録料も不要)一般社団法人 JPIA

★(Facebook) ★(Twitter) ★(Instagram) ★パーソンスポーツ(Wikipedia)  ★研究会(Facebook-group)


法人概要

一般社団法人JPIA「 Japan Person-sports Instructor Academy 」
(日本語名称:日本パーソンスポーツ指導士認定機構)
 令和元年 8月8日法人設立 法人番号1200-05-021074

 取引銀行 三菱UFJ銀行 信濃橋支店

目 的】 当法人は、次の事業を行うことを目的とする。
 1.資格認定事業
 2.障害者スポーツ支援事業
 3.障害者コンサルティング事業
 4.その他前各号に付帯または関連する事業

【事 務 局】  大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル8Fに置く
(satellite office)大阪府堺市北区北長尾町1-4-15-101

【役 員】 代表理事 (北林 直哉)理 事 (前田 一成 植島 淳)

【監修アドバイザー】
 大阪府立大学 高等教育推進機構 教授 博士(学術) 松浦 義昌
 日本循環器学会循環器専門医 日本医師会認定産業医 くれないクリニック院長 根本 貴祥
 公益財団法人 関西カウンセリングセンター 理事長 古今堂 靖

【特別顧問】
 日本抗加齢協会 事務局長ほか、髙島クリニック院長 QOL研究所(医学博士)髙島 正広

【広報ディレクター】
 株式会社クレアヴィータ 代表取締役社長
橋本 賢太

*当法人と(公財)日本障がい者スポーツ協会とは一切関係ありません

次へ➢