法人概要

Japan 日本における
Peason-sports 誰もが人生を楽しむための
Instructor 理解を教授する人を
Academy 認定する団体


ロゴマーク:3つのJには‥‥
Judicious(ジュディシャス)賢明。Justice(ジャスティス)公正。Joyous(ジョイアス)喜びに満ちた。
そして、緑のJ(自然)青のJ(聡明)オレンジのJ(温かさ)。の調和を表現しています。

JPIAフィロソフィ
・賢明で聡明な判断をすること
・公正公平な立場でいること
・喜びの笑顔(感謝の心)でいること
・自然(ありのまま)を受け入れること
・温厚な(包容力のある)人であること

【JPIA理念】
「すべての人が相互に認め合う不当な差別のない社会を実現するために‥‥」多様性を理解した教養のある人が必要!
一、自分を含め、100%の完璧な人間はいないことを自覚する。
一、自分を含め、人には誰しも大小内在する障害(不得手)があることを知る。
一、人体のしくみ・脳のはたらき・障害の原因と配慮などの客観的事実を共通基礎とする。
一、時代(常識)の変化に気づき、新しい物事を創造し社会に価値をもたらす。
 日本パーソンスポーツ指導士認定者全員が、共有して持つべき意識・価値観・考え方である「JPIAフィロソフィ」の実践を通じてその実現を目指していきます。

 WHOの定義では、人というカテゴリーにおいては障害の有無は問わないと定義されています。しかしながら、障害のある人に対する問題として「その障害となる原因や配慮、そもそも人体のしくみや脳のはたらきの知識」を知らない人が多く、そのことによる誤解や偏見があるというのも事実です。そこで、障害の事実を含めた多様性の理解と障害者差別解消法などの法律を知り、人の差異を知る教養は人間性を育み、より豊かな社会風土に育てていくと私たちは考えています。

 当法人は「人は誰しも必ず大小内在する障害(不得手)がある」ということを基本理念にしています。そのため「100%完璧な人間などはいない」ということを認識し、お互いに多様性を理解し合うことへの願いを込め、人そのものに焦点を絞った「パーソンスポーツ」という造語で表現しています。また、その知識を確かめるために試験を用いて資格制度を設定しました。試験方法は、デジタル新時代に対応した非接触型のオンライン試験を採用しています。また資格を維持するためだけの費用(登録料や更新料など)は不要です。*合格時に自動登録システムにより登録されます。⁽登録料等なし)

 私たちは、医療・福祉・教育・スポーツをつなぐ「多様性理解の教養人」として、これからの時代を変革させる「パーソンスポーツ・イノベーション活動」に取り組んでまいります。【本試験コース】➤https://jp-ia.or.jp/e-learning/users/register

★日本パーソンスポーツ指導士認定機構(Facebook)
★日本パーソンスポーツ指導士認定機構(Twitter)
★日本パーソンスポーツ指導士認定機構「JPIA」(Instagram)
★パーソンスポーツ研究会(Facebook-group)
★パーソンスポーツ(Wikipedia)


代表挨拶

代表 北林直哉

みなさん、はじめまして、一般社団法人JPIA 代表の北林です。

 さて今、日本では国から何らかの障害認定を受ける人口が1000万人に、65歳以上となる方は4000万人になろうとしていることをご存知でしょうか?そして、障がい者は障害認定を受けた方だけが障がい者ということなのでしょうか? また、障害認定はなくとも社会での生きづらさを感じる人が多くいることもご存知でしょうか? 今一度考え直す時が来たのだと思います。

そこで、障害を不得手や不得意または不具合と捉えてみる。すると、障害は誰にでもあるものということになります。つまり「100%完璧な人間などはいない」「障害はあっても障がい者という人はいない」ということです。なので特別な施設や場所をつくることではなく、いつでもどこでも受け入れる環境が必要ということになります。価値観の変革!

 昨今、障害は社会がつくり出していると云われている時代ですが、根本的な障害のある事実から逃げているだけでは?と疑問に思うことがあります。もちろん、社会的建築物や構造、法律や条例などが良くなることは大事です。しかし、個人に内在する障害( 不得手や不得意または不具合 )のある事実を知り、そして人の差異を知ることが一番大事なことなのだと思います。そして、昨今、障害は個性という表現もよく見聞きしますが、障害があることが個性って?なんだか違和感しかありません。それは、障害を気にするな。その障害をも受け入れて前向きなろうというメッセージで使用していることも否定はしません。だけど、障害があることは客観的事実であり変えようがないのです。障害は事実!

 それと、障害があるという事実をまだまだ受け入れられない状態の人には、配慮が足りない言葉ですし少々乱暴でお節介な表現だなぁと感じてしまいます。だから返って、障害は個性なのだから前向きに!という言葉には、気休めにもならない心情を逆なでする問題が潜んでいることも忘れないでほしいのです。なので、第三者が知ったかぶりで軽々しく口にする表現ではないということはご理解いただけると思います。もちろん当事者自身がその障害を個性と表現している場合は除きますが。多様性の理解!

 やはり障害は事実としてある以上、いつかは受け入れなければならない問題なのです。だからこそ 「障害はあっても障がい者という人はいない」 「100%完璧な人間などはいない」 という考え方が浸透することで 、誰にも障害があって当たり前と捉える時代がくるのではないかと考えています。障害の度合いでどっちが重いか軽いかなんて愚問になる時代にならないといけない。そして、障がい者を一括りにする表現が無くなり、それぞれの事情に応じた対応ができる社会を目指さなければならない‥‥。多様性の融合!

 いつの時代になっても原点となるのは「人の差異を知る」ことです。これらは「パーソンスポーツ理念」に集約しています。この理念が共通知識となるだけで、各分野から理解者が増え広がることで未来の環境は変革していくと思っています。時代を変えるのはいつだって今を変えることからはじまるのですから‥‥。イノベーション!

Q:なぜ、障がい者や高齢者がわざわざ遠くの福祉センターや支援学校に行かなくてはいけないのですか?
➤それは、昔からの政策で、別々の世界をつくることで特殊な環境整備を設けることが福祉サービスと考えられてきたからです。なので、身近な地域や一般施設に理解者や受け入れる体制が少ないというのが現実です。そのため「福祉センターや支援学校という特別な場所があるから、そっちへ行ってください」というような社会の構図になっているのです。


Q:でも、それで本当にいいの?
➤本当は「誰もが住み慣れた身近な場所で自分の存在を受け入れられる環境が必要だ」ということは分かっているはず‥‥ですよね。昔から共生社会の実現を目指してとは言われ続けているのですが、先ほどの別々の世界が広まってしまっているので、なかなか一緒に活動できる環境にならないのが実態です。しかし、本気で多様性を理解し共生社会を目指すのであれば、昔からある環境や制度を一度壊して新しく創り直すことが必要になるでしょう。ですが、そこには既得権者や抵抗勢力との戦いがあり壁がありますので、そこは政治的な範疇になるのだと思います。

Q:どうすれば理解者が増えるのですか?
➤それには、まず、パーソンスポーツ理念を題材に「人の差異を知る」教育が大事になってきます。その前に教育者や指導者自身が(人体のしくみ・脳のはたらき・障害の原因と配慮に関すること)と国内法の「障害者差別解消法」を理解した「多様性理解の教養人」として知識を習得する必要があります。そのような未来環境を見据えた人たちを増やすしかないのです。一人でも多くの「日本パーソンスポーツ指導士」が増えることで、未来の社会環境の変革「イノベーション」を起こす礎になると考えています。

「医師は人を選ばない」ことと同じように、日本パーソンスポーツ指導士も「多様性理解の教養人」として、その専門分野に加えて多様な人の差異を理解し身近な地域で人を分け隔てなく受け入れる環境にすること。誰もが(スポーツ=人生の豊かさ)の経験ができるように、医療分野・福祉分野・教育分野・スポーツ分野をつなげる「パーソンスポーツ・イノベーション」を推進させることに尽力したいと思います。また、これからの新しい価値観を創造するため「人の差異を知る教養は人間性を育む」と信じています。みなさま「日本パーソンスポーツ指導士認定機構: 一般社団法人 JPIA」をどうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人JPIA代表理事  北林直哉 1969年生まれ。兵庫県神戸市出身。大阪体育大学卒。学校教育現場経験後 ,障害者スポーツ指導27年。株式会社アワハウス取締役。大阪産業大学非常勤講師。芦屋大学非常勤講師。関西医療大学非常勤講師。公益財団法人大阪陸上競技協会理事。一般社団法人日本障がい者eスポーツ協会理事。一般社団法人日本パラ陸上競技連盟競技運営副委員長。近畿パラ陸上競技協会理事長。1998 Birmingham, Great Britain 日本代表コーチ。2000 SydneyParalympic Games日本代表コーチ。2006 Assen, Netherlands 日本代表ヘッドコーチ。2013 IPC認定NTOnational technical official資格。2015~2018 文部科学省障害者スポーツ医科学研究採択代表研究者。2016 外務省Sport for Tomorrowスポーツ交流事業Zimbabwe。日本障害者スポーツ学会会員。アンリミテッド スポーツ フェスティバル実行委員長。等歴任 JPIA-PSC-Ⅲ 取得。JPIA認定講師取得。*全国障害者スポーツ大会陸上競技スラローム競技考案者。パーソンスポーツ理念提唱者。


法人概要

一般社団法人JPIA「 Japan Person-sports Instructor Academy 」
(日本語名称:日本パーソンスポーツ指導士認定機構)
 令和元年 8月8日法人設立 法人番号1200-05-021074

 取引銀行 三菱UFJ銀行 信濃橋支店

【目 的】 当法人は、次の事業を行うことを目的とする。
 1.資格認定事業
 2.障害者スポーツ支援事業
 3.障害者コンサルティング事業
 4.その他前各号に付帯または関連する事業

【事 務 局】  大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル8Fに置く
(satellite office)大阪府堺市北区北長尾町1-4-15-101

【役 員】 代表理事 (北林 直哉)理 事 (前田 一成 植島 淳)

【監修アドバイザー】
 大阪府立大学 高等教育推進機構 教授 博士(学術) 松浦 義昌
 日本循環器学会循環器専門医 日本医師会認定産業医 くれないクリニック院長 根本 貴祥
 公益財団法人 関西カウンセリングセンター 理事長 古今堂 靖

【特別顧問】
 日本抗加齢協会 事務局長ほか、髙島クリニック院長 QOL研究所(医学博士)髙島 正広

【広報ディレクター】
 株式会社クレアヴィータ 代表取締役社長
橋本 賢太

*当法人と(公財)日本障がい者スポーツ協会とは一切関係がございません。