Top

Japan Person-sports Instructor Academy

一般社団法人 JPIA

”Diversity understander” Person-Sports-Coach&concierge
‥‥ 医療×福祉×教育×スポーツをつなぐ ‥‥

          自主学習型 WEB試験採用
 
🍀 Web試験24時間365日受験が可能(スマホも可)
🍀 問題100問60分)各項目ごとに制限時間があります。
🍀 受験料¥12,000-(税別)
🍀 受験料以外にかかる追加費用なし
🍀 認定証は合格時に即時発行ダウンロードできます(PDF)
🍀 法人公認の認定資格(合格率45%)


【試験対策資料】
🌸 日本パーソンスポーツ認定試験対策本(Amazon電子書籍)¥1,000-(税込)
🌸 認定試験学習ポイント紹介動画(YouTube動画)無料視聴
🌸 認定試験申込み ➡(新規登録画面)
🌸 模擬試験申込み ➡(模擬受験登録)
🌸 詳細は ➡ 試験について

★一般社団法人JPIA(Facebook) ★一般社団法人JPIA(Twitter)
★パーソンスポーツ(Wikipedia) ★パーソンスポーツ研究会(Facebook-group)

どんな資格?

 日本パーソンスポーツ指導士資格は、人を区別せず人間の豊かさの本質に向き合い、個人の特性を理解した、医療・福祉・教育・スポーツにおける「人」(person) の捉え方を共通定義化した知識を有する、一般社団法人JPIA(日本パーソンスポーツ指導士認定機構)認定資格であります。

日本パーソンスポーツ指導士は、医療・福祉・教育・スポーツなどの現場で、人の本質となる知識に基づいた多様性の理解への提言、団体・個人へのアドバイスや相談など、円滑な解決方法などを提案できるコンシェルジュとしての役割を担います。

日本パーソンスポーツ指導士資格は、試験による成績でレベルⅠ~Ⅲに分類されます。また、パーソンスポーツ指導士レベルⅢ取得者を対象に、次代のパーソンスポーツ指導士育成のための受験対策講習会(有料)ならびに受験資格証の発行権限を有するJPIA認定講師を目指すこともできます。JPIA認定講師は、認定講師講習会の受講を経て取得することができます。

日本パーソンスポーツ指導士は、医療・福祉・教育・スポーツ等の既得領域を超えたパーソンスポーツという理念を基に、これからの時代に必要とされる知識・見識を身につけた証となる資格であります。
*10名程度のグループ指導には、最低1名のパーソンスポーツ指導士の配置を推奨します。

Web試験申込 ➡

    Web試験
  JPIA認定講師証
    日本パーソンスポーツ指導士 認定証

①認定試験申込 ➡(新規登録画面)
  1. 新規登録画面をクリックし(必要事項と資格証明書画像ご用意ください)日本パーソンスポーツ指導士認定試験注意事項をよくお読みください。
  2. 試験問題100問(トータル60分:各項目ごとにも制限時間があります。解答方法は選択式。(注)複数選択もあります)
  3. 受験料¥12,000-(税別)
    *詳細は、試験についてをご参照く ださい。

模擬試験申込 ➡(模擬受験登録)

  1. 模擬受験登録(どなたでも受験可)
  2. 試験問題30問(トータル15分:各項目ごとにも制限時間あります。解答方法は選択式。(注)複数選択もあります)
  3. 受験料 ¥1,800-(税別)*模擬試験開始手続き画面から手続きを進め、クレジットカードまたはデビットカードでお支払いをお願いします。


*当法人は(公財)日本障がい者スポーツ協会とは一切関係ありません