Top

 多様性を理解した指導者がいれば      
        差別のない環境が実現できる!

Japan Peason-sports Instructor Academy
日本パーソンスポーツ指導士認定機構





【お知らせ】

*新型コロナによる第1回緊急事態宣言から受験料を下げて提供しています。
 感染状況の落ち着き具合を鑑みて、2022年1月1日より通常料金に戻ります。
 「通常料金:本試験¥19,800-(税込)・模擬試験¥6,600-(税込)」



日本パーソンスポーツ指導士認定試験
(JPIAライセンス)

(24時間365日 受験可能な WEB試験方式)

*日時・場所が限定されない。➤わざわざ遠くに行かなくても、ネット環境さえあれば大丈夫!
*予約や定員などはありません。➤自身の都合に合わせて受験ができる。挑戦したい時がその時!
*学びは自発的。➤自ら進んで学ぶ方が効率的。必要なことは自ら進んで学ぶから!
*大事なことは知っている。➤じつはみんな気づいている。あとはその知識を証明するだけです!


A 認定試験申込み ➡*問題は100問 (税込¥13,200-)
【受験対象:15歳以上~】
申込み➤入金確認➤➤Web試験➤合否結果確認

B 模擬試験申込み ➡*問題は30問 (税込¥1,980-) 
【受験対象:15歳以上~】
申込み➤入金確認➤➤Web模擬試験➤成績確認

★多様性を理解したよりよい環境づくりをお考えなら「日本パーソンスポーツ指導士」にご相談ください。
@ 日本パーソンスポーツ指導士認定資格を取る!(通称:JPIAライセンス)
①試験について➤https://jp-ia.or.jp/detail/
②web試験受験登録➤https://jp-ia.or.jp/e-learning/users/register
③受験料➤¥13,200-(税込)*受験料は銀行振込でお願いいたします。
④試験対策本➤日本パーソンスポーツ指導士認定試験対策(Amazon kindle)¥1,000-(税込)


一人ひとりの小さな変革が、やがて社会を動かす大きな変革に!
Peason-sports・Innovation


日本パーソンスポーツ指導士とは

 すべての(さまざまな障害の特徴も含む)人の違いを理解し、自身の専門分野で受け入れ最善を尽くすことができる者。
 日本パーソンスポーツ指導士は、おもにスポーツや運動をする場面などにおいて、その人に内在する障害(不得手)などの特徴を理解し差別なく受け入れる環境をつくる仕事です。
 日本パーソンスポーツ指導士の多くは、医療関係・教育関係・福祉関係・スポーツ関係の仕事に携わっている方です。
 日本パーソンスポーツ指導士になるには「日本パーソンスポーツ指導士認定試験」に合格しなければなりません。「オンラインweb試験(選択式)」(詳細は「試験について」を参照ください)
 現在は、高齢者や障がい者、LGBTQなどを含む多様性の理解が年々必要とされているなか、日本パーソンスポーツ指導士の需要や担う役割はますます大きくなっています。
 これからは、日本パーソンスポーツ指導士が、より広い範囲(学校や各種施設・治療院やスポーツジム・道場など、また無資格の指導者や家族など)にアドバイスができる「Peason-sports adviser」としての地位向上に取り組んでいます。
「多様性を理解した指導者がいれば、差別のない環境が実現できる」

*活動事例「Peason-sports adviser」
・病院や各種施設などでのレクリエーション・スポーツイベント企画 ・誰もが参加可能なスポーツ大会、運動会などの企画
・差別をなくすための提案や講演活動 ・考える学習への授業内容アドバイス ・仲間づくりの考え方の相談
・障害のある子どもたちの社会活動参加への相談 ・フィットネスジムなどでの障害のある方の受け入れについてのアドバイス
・多様性に対応した考え方の提案 ・学校運動部活動に参加する子どもたちや指導者へのアドバイス
・地域スポーツクラブへの障害のある方の受け入れについての相談 ・小中学校総合学習の授業教材に活用
・障害のあるなし関わらないスポーツクラブの運営や指導
 など

*JPIAライセンス取得者(既有資格/職業など) 合格率42% (2021,5,20現在)
看護師・理学療法士・作業療法士・柔道整復師・はり鍼灸師・社会福祉士・社会福祉主事・介護福祉士・重度訪問介護従事者・人権擁護士・行動援護従事者・高等学校教諭・中学校教諭・養護教諭・幼稚園教諭・保育士・大学講師・体育施設管理士・体育施設運営士・アスレチックトレーナー・スポーツプログラマー・スポーツマネジャー・パーソナルトレーナー・スポーツインストラクター・エステティシャン・健康運動指導士・健康運動実践指導者・柔道有段者・剣道有段者・競技審判員・現役プロボクサー・元プロ野球選手・アマチュアアスリート・スポーツコーチ・障がい者スポーツ指導員・大学生・専門学校生など

「この資格は、多様性を重視する これからの時代に必要な資格です」
   日本パーソンスポーツ指導士認定資格の取得を推奨します。

日本抗加齢協会 事務局長/ 2025大阪関西万博 10歳若返り実行委員会 事務局長/ 未来の病院プロジェクト実行委員会 事務局長/ 大阪観光局 医療アドバイザー/ NPO法人 ジャパン・メディカル・リンク 理事長/ 国際医科学研究会 理事/ アメリカ抗加齢医学学会所属/ 高島クリニック 院長(医学博士)/JPIAスペシャルアドバイザー(特別顧問) 髙島正広


*当法人は(公財)日本障がい者スポーツ協会とは一切関係ありません